白鳥川の景観を良くする会のHPです
Header

会規約

「白鳥川の景観を良くする会」会則

第1章 総則

(名称)
第1条 この会は「白鳥川の景観を良くする会」と称する
(事務所)
第2条 この会の事務所は代表の自宅に置く。
(目的)
第3条 本会は、会員相互の自主的な活動により近江八幡市・白鳥川を中心に花・桜並木づくり等自
然環境の再生と整備活動を進め、市民や自治会、各企業等の参加による水や緑への関心を高め、
白鳥川の景観向上と市民の憩いの場づくりにより地域社会への貢献と会員相互の親睦を図ること
を目的とする。
(活動)
第4条 本会は、目的を共有する自立した個人のネットワークであり、それぞれが自分でできること
を行い、互いに尊重し互いの信頼のもとに活動する。
2. 本会は、目的を達成するために次の活動を行う。
(1) 自然環境の再生と整備等による景観の向上
(2) 循環型社会の構築
(3) 多様な動植物と共生できる環境づくり
(4) 市民が広く自然に親しむ活動(観察会の開催など)
(5) 自然への理解を深める活動(研修などへの参加)
(6) 会員間の交流
(7) 他の関係団体等との交流・支援
(8) 情報の収集及び提供
(9) その他目的達成のために必要な活動

第2章 会員及び役員

(会員)
第5条 会員は当会の趣旨に賛同し第4条の活動への参加者を会員とする。
2. 活動への参加者は、「ボランティア活動登録申込書」を本会に提出しなければならない。
3. 退会する場合は、本会に届けでなければならない。
4. 活動実績が1年以上ない場合は、自然退会と見なす。
(役員)
第6条 会には代表1名の他次の役員をおく。
2. 、副代表4名、役員若干名、会計1名、監事1名、事務局1名、および会長が必要と認めたメ
ンバーで構成する。
3. 代表は会を代表し、会を統括する。
4. 副代表は代表を補佐し、代表に事故あるときはその職務を代行する。
– 2 –
5. 会計は会の会計を担当する。
6. 監事は会の運営ならびに会計の執行状況を監査し、その結果を報告する。
7. 会には名誉会長、名誉顧問、顧問を置くことができる。

第3章 会の運営

(運営委員会)
第7条 会の活動の企画運営及び調整のために運営委員会を置く。
2. 運営委員会は第6条の役員で構成する。
3. 運営委員会は代表が必要に応じて召集する。
4. 運営委員は運営委員会に出席し、会の活動に必要な事項を審議決定するとともに、会の円滑な
遂行に必要な活動を行う。
(総会)
第8条 総会は年1回代表が招集し、その総会に出席した中から議長を選出する。
2. 総会は、以下の事項について審議決定する。
(1) 前年度の活動実績報告及び収支決算
(2) 役員の選任に関する事
(3) 次年度の活動計画及び収支予算
(4) 会則に関する事
(5) その他運営委員会で必要と認めた事項
3. 代表は必要があると判断した場合、又は会員の要求があった場合、臨時に総会を開催すること
が出来る。
4. 総会の開催は、会員の2分の1以上の出席をもって成立する。但し、止むを得ない場合は委任
状を持って出席にかえることが出来る。
5. 議決は、出席会員の過半数で決する。
(補償)
第9条 本会の活動において障害事故・賠償責任事故が発生した場合の補償は、全国社会福祉協議会
を契約者とする「ボランティア活動保険」の範囲内とする。
2. ボランティア活動保険料は本会会計より支払う。
(会計)
第10条 会の収入は補助金、助成金、及び寄付金等とする。
2. 会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
(補足)
第11条 この会則に定めるほか、会の運営に必要な事項は別に定める。
付則 本会則は平成18年 2月 1日 から施行する。
改訂 平成22年 3月 1 日 一部改訂
改訂 平成24年 5月17日 一部改訂
以上

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA