白鳥川の景観を良くする会のHPです
Header

2018年5月30日の景観隊活動報告(通算310回目)

5月 30th, 2018 | Posted by nakano in 02 定例活動報告

 今朝は未明から雨が降り始め、朝方からは本格的な雨模様。
 このため、屋外での景観隊活動はできず、参画倉庫内での作業に切り替えました。

 午前9時過ぎ、参画倉庫に集まった景観隊メンバーは5名。
 今日新しく参加されたKuさんが自己紹介。(宮崎県のご出身、長年トラックドライバーをされていました)

 今日の作業は、前回鯉のぼり撤収を行った際、大量に集まった廃棄用鯉のぼりの処理。
 (長い鯉のぼりのままだと、ゴミ回収車の圧縮機に引っ掛かり処理できなくなるので、1m位の長さに切断してゴミ袋に収納する作業)

 大きなコンテナー一杯の鯉のぼり、そして段ボール詰めの鯉のぼりを軽トラの荷台の上に引っ張り出し、ハサミ、鎌など使って胴体を約1m間隔で切断。

 それをゴミ袋に詰め込んで、とりあえず倉庫入口付近に置いてあった廃棄鯉のぼりはすべて処理を終えました。
 ゴミ袋は合計15袋(結構な量になりました。)

 午前11時、一通りの作業を終え終礼の挨拶をし散会となりました。

本日の成果 :廃棄鯉のぼりの処理(約100硫)
収集ゴミ  :約60kg(ゴミ袋15個)
本日の参加者:メンバー5人

以下、本日の活動の様子です。
午前9時過ぎ、参画倉庫に集まったメンバー5名で朝礼。

今回初参加のKuさん(市内在住)よりご挨拶。

事務局長Saさんが新しく準備された橋番号の看板のご披露。(古い看板は風に飛ばされたり、ベニヤ板が破損したりしていましたので、すべて新品に交換予定)

廃棄鯉のぼりを軽トラの荷台に広げ、胴体を約1m長に切断する作業を行いました。


大きなコンテナー一杯の鯉のぼり、そして段ボールに詰め込まれた鯉のぼり、合計約100硫の鯉のぼりが裁断され計15袋のゴミ袋に収納されました。

一応、倉庫入口にあった廃棄鯉のぼりの処理は完了。この他、まだ大量の吹き流しの処理が残っています。
今後も時間を見て処理していきたいと思います。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.