白鳥川の景観を良くする会のHPです
Header

2019年10月2日の景観隊活動報告(通算346回目)-桐原東小5年生の校外環境学習サポート

10月 2nd, 2019 | Posted by nakano in 02 定例活動報告

 明け方少し雨が降り今日の活動が危ぶまれましたが、午前8時半、予定通り⑤番の農橋袂にメンバーが集合し、今日予定されていた桐原東小5年生の皆さんの校外環境学習のサポート活動が行われました。
 このサポート活動は今年で丁度10年目ということで節目の活動となり、メンバー全員協力して児童の皆さんの環境学習をサポートしました。
 サポート活動に参加頂いた皆様、ご協力ありがとうございました。

 本日の景観隊活動参加者:26名
 桐原東小5年生の皆さん:3クラス82名。

以下、今日の桐原東小5年生の皆さんの校外環境学習のサポート活動の様子です。

今朝の白鳥川。⑤番の農橋から下流方面。昨夜の雨で川の水が少し濁っています。

今日の環境学習の場所(先週末グループ草刈り活動で綺麗に刈って頂きました)

午前8時半、朝礼。今日の環境学習へのサポート作業の分担等説明。

全員集合。(この時点で23名、後から3名)

環境学習の表示板。一番分かり易い橋の欄干に取り付けました。

全員分担して学習場所設営。

まずは、最終的に綺麗に草刈り(一部雑草の幹の出っ張っているところなどを綺麗にし、躓かないように)

堤防脇に彼岸花。

川中に鉄杭を打ち、

ロープを張って、児童たちの川中での活動エリアを設定。


こちらは陸の場所に透明度、水質、植物などの環境学習の場所を設営。

全ての準備を整えた所に丁度桐原東小5年生の皆さんが土田大橋から遊歩道を歩いて環境学習の場所へ。

メンバーが設営した階段を降り、

足元が大丈夫かメンバーが見守る中水辺近くの広場へ。

全員集合してご挨拶と今日の環境学習内容を吉田代表より皆さんに説明。

5年生の皆さんは夫々のグループに分かれ環境学習開始。

こちらは透明度検査。

筒の中の水がどのくらいの高さになったら筒底にある十字線が見えるか、みんな目で確かめます。


こちらは水質検査の学習。

検査試薬を使いこれだけの水質検査をします。


色見本と比較してどのランクに該当するかチェック。


検査結果を学校で準備してきたプリントに書き込みます。

そしてこちらは植物観察学習

白鳥川に生える植物について説明を受けます。

実際にどんな植物が生えているか堤防の中を散策し学習。

メンバーから説明を受ける児童たち。


これらの試験結果、観察結果をグループ単位でプリントに書き込みます。


そしてこちらは川の中の生き物を調べる皆さん。


どんな生き物が網に入っているかな?


岸辺の水草の近くに沢山いそう・・・

皆真剣に調査中。


捕まえた生き物はバケツへ。

砂利の中の生き物を探すお友達。

バケツに入れた生き物は最後に大きなたらいに纏めます。

吉田代表から白鳥川の水生生き物について説明を聞く皆さん。

「初めて川に入った人?」の質問に7割近くの皆さんが手をあげました。
みんな、今回非常に良い経験ができましたね。


市の広報課の方が取材に来られ、吉田代表が説明。

スケール付き水槽に入った魚たち。


大きなアメリカザリガニ。

可愛いタガメ?

11時半過ぎ、今日の環境学習を終えメンバー一同と終了のご挨拶。

捕らえた生き物をそれぞれのグループごとにバケツに入れて学校に持ち帰ります。
後日、学校で詳しく調べて、学習成果としてまとめるそうです。

皆さん、お疲れさまでした。気を付けて帰ってくださいね。

準備した機材を全て整理し、午前11時45分、終礼。

吉田代表より皆さまのご協力に感謝の御言葉。ご自身も今日の環境学習サポート活動にご満足。

後片付けを終え、静かになった環境学習の場。

今年も多くのメンバーの皆さんのご協力を得て、滞りなく(事故もなく)桐原東小5年生の皆さんの校外環境学習のサポート活動を終えることができました。

皆さま、ありがとうございました。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.