白鳥川の景観を良くする会のHPです
Header

2019年12月25日、新ボンボリ280灯製作完了

12月 25th, 2019 | Posted by nakano in 15 憩いの場作り事業部

 12月25日、クリスマスプレゼントにふさわしく、今年景観隊で新しく準備された新ボンボリ、合計280セット(予備を含む)が無事製作完了しました。
 5月1日の景観隊総会に於いて参加者皆さまの同意を得て、新しいデザインのボンボリ製作が5月11日~12月25日までの約7ヶ月半の時間をかけて製作することができました。

 製作に携わって頂きました関係者の皆さま、本当にありがとうございました。
 特にひまわり工房でのボンボリ製作に率先垂範いただいたYaさまには大変お世話になり有難うございました。
 これら280灯のボンボリは現在全て参画倉庫内に収納されております。

 2020年3月にはこれらの新ボンボリに子供たち、各協賛企業・商店様のパネルを載せて白鳥川に展示予定です。
 それまでに景観隊の皆さまには色々準備をお願いしますが、その都度ご案内しますのでご協力よろしく御願いします。

 以下、過去7か月半のぼんぼり製作の為の日数、延べ人数等です。

 製作期間:2020年5月11日~12月25日。7ヶ月半。
 延べ製作日数:44日
 延べ人数  :176名
 延べ製作時間:422時間

 必要部材:
   縦桟:280灯x4本=1,120本
   横桟:280灯x8本=2,240本
 加工処理
   下穴加工:280灯x42ヵ所=11,760ドリル
   組み立て木ネジ:8,960本
   等。

 以下新ボンボリ製作作業の様子のあらましをご覧ください。

1x4の市販木材を購入し、YZ工房さんの丸鋸盤をお借りして所定幅に縦裁断。

参画倉庫で縦裁断された材料を全面塗装。

倉庫内で陰干し。

ひまわり工房でパネルを入れ込むスリット(溝)切り作業。

1本の部材にX方向、Y方向、の2方向に溝切り。

所定の長さに裁断。

縦桟1本に合計8個所の木ネジ用ガイド穴ドリル。

ドリル穴加工後の縦桟の束(左右の区別が必要な為、端面にX、〇マーク)

組立治具を使って、一面組み立て。

Yaさんに準備頂いた治具に部材をはめ込んで木ネジで固定。

最終組み立て作業。(こちらもYaさんに準備頂いた最終組み立て用治具を使っています)

組み上げられた新ボンボリ。合計280灯。
全て参画倉庫に収納しました。

多くの皆さまにご協力頂き無事、新ボンボリを完成することができました。
皆さま、本当にありがとうございました。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.