白鳥川の景観を良くする会のHPです
Header

2月20日活動 花・桜並木づくり班活動

2月 20th, 2013 | Posted by ozawak in 13 花・桜並木づくり事業部

2月20日活動 花・桜並木づくり班活動

景観隊定例活動の中での桜並木班の活動です。

この日は 昨年植樹した桜が枯れてしまったものの補植を行いました。

今年は計20本予定していてこの日は藤間川沿いに10本を植えました。

品種は 普賢象桜 5本、関山桜 5本です。

【普賢象桜】  葉化した2本の雌しべが普賢菩薩の乗る象の鼻に似ることからこの名がつけられた。  

【関山桜】  花は濃紅紫色で八重桜の代表的品種。桜湯として用いられる。

 

1.ユンボによる穴あけ作業: 今日の作業に先立2/19にN建設のご厚意でユンボによる

  植樹位置の穴あけ作業が実施されました。(鯉のぼりの支柱用の穴堀と合わせて)

      [穴掘りに先立ち植樹位置の案内]

         [ユンボの作業風景]

    (この写真は鯉のぼりの支柱用の穴堀作業風景)

2.植樹: 1か所は穴掘り作業から始めました。穴あけ後 穴の底に土とバークたい肥を

混ぜ合わせ さらに 市民生ごみリサイクルPJ作成の肥料も混ぜ合わせて

その上に苗木をセットして土で覆いました。

3.支柱立てと水やり: 苗木を埋め込んだ後支柱を添え たっぷりの水をやりました。

   支柱のセット

   水汲み風景

4.完了: 植樹完了の状態

5.旧桜の補修: 途中過去に植えた桜が倒れているものが数本見つかりその補修も

  行いました。

6.途中休憩: 10時過ぎに休憩をとりました。

11時ごろに作業完了。全体グループに戻りました。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.