白鳥川の景観を良くする会のHPです
Header

緊急作業(9月2日)‐桜枝打ち

9月 2nd, 2017 | Posted by nakano in 04 行事・特別なイベント | 13 花・桜並木づくり事業部

 9月2日午後1:30-3:30、秋の農作業シーズンを迎え、稲刈り作業用農機の通行の邪魔にならないよう、急遽低い桜枝の枝打ち作業が行われました。
 主に花・桜並木づくり事業部のメンバーの皆様を主体として計6名のメンバーが参加し、藤間川沿い、そして白鳥川遊歩道側⑤番の農橋から小船木橋に向けて、低い桜枝の枝打ち作業が行われました。
 緊急要請にもかかわらず、参加頂いたメンバーの皆さま、ご協力ありがとうございました。
 おかげで、農機の通行に支障のない高さまで枝打ちができました。

以下、作業の様子です。
今日午後の白鳥川、6番の橋から下流、小船木橋方面。

まずは、藤間川の桜枝の枝打ち作業。

高さ3mの竹竿を用意して、その高さ以下の桜枝を切り落とします。

切り落とした後、防腐剤を塗布します。

切り落とした枝は廃棄処理しやすいように、小さく切り分けます。

切り分けた小枝は枯れるまでしばらく道端に。

どの枝にも毛虫が一杯!。刺されないように軍手、帽子は必需品。

枝打ちの終わった藤間川の桜並木。農機が通っても大丈夫でしょう。

場所を白鳥川遊歩道の桜並木に移動し、5番の橋から下流方面、小船木橋までの区間の桜枝の枝打ち作業。


高い枝は軽トラに剪定用梯子を載せ、その上で切り落とします。

低い枝の切り落としの終わった遊歩道の桜並木。すっきりしました。

今日は、風が気持ちよく桜並木を吹き抜け作業は順調に進みました。
只、どの枝にも毛虫が一杯! 遊歩道を通る際は必ず帽子を被って通られますよう・・・。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.