白鳥川の景観を良くする会のHPです
Header

2017年8月10日 牧柵/牧舎撤去と羊返却(OP活動)

8月 10th, 2017 | Posted by nakano in 04 行事・特別なイベント | 17 羊班

 いよいよ羊さん達とお別れの日が来ました。
 7月21日以来、20日間頑張って白鳥川の雑草退治に活躍してくれた3頭の羊さんたちとお別れです。

 朝8時、医療センター前に全員集合して朝礼。
 吉田代表のご挨拶と牧柵/牧舎撤去の手順を説明してもらい、朝一集まったメンバーで集合写真を撮り、作業開始。

 まずは白鳥川に設置してある牧柵をすべて解体し参画倉庫へ。
 一息入れた後は、医療センター前の牧舎を撤去し参画倉庫へ。

 そして最後は、3頭の羊さんたちと丁度散歩に来た「ふたば保育園」の子供たち、近くの親子さんも入れて全員で記念撮影した後、3頭とも軽トラに乗せて、皆で拍手と手を振ってお別れしました。
 「羊さんたち、ありがとう。元気でね。又来てね。」等の声をかけてもらい羊さんたちは生まれ故郷の日野の畜産センターに帰っていきました。

 今日の作業に参加頂いたメンバーの皆さま(計18名)、蒸し暑さ200%の中での作業、ご苦労様でした。そしてありがとうございました。

今朝も牧柵の前に翻る「白鳥川の景観を良くする会」の黄色い旗。

牧舎の羊さんたち。

今朝の牧柵。

羊さんたちがしっかりと雑草を食べてくれました。

朝8時、集まったメンバーで朝礼。

吉田代表のごあいさつと牧柵/牧舎撤去の手順の説明。

作業前に全員集合。この時点では11名。

まずは牧柵解体作業。


軽トラに積込み、


倉庫の中の所定の場所へ運び入れます。

牧柵処理を終えた後、冷たいお茶で一息。

次は医療センター前の牧舎解体作業。事務局Saさんより解体手順説明。

牧舎解体風景。

解体作業中は3頭の羊さんたちは作業の邪魔にならぬよう近くの桜の木の廻りで一休み。

牧舎の屋根部はそのまま軽トラに積みます。


幅広の屋根を乗せ、うまくカーブを曲がって、

参画倉庫へ。

牧舎跡を綺麗に掃除。

こちらも倉庫の中の所定の場所へ運び入れます。


竹製の牧柵は解体して、竹と支柱に分け。

支柱は数本ずつ束ね倉庫の中へ。(来年また使います)

最後の作業、いよいよ羊さんたちとお別れです。

お別れ前に、3頭の羊さんたちと丁度散歩に来た「ふたば保育園」の子供たち、近くの親子さんも入れて全員で記念撮影。このうち景観隊メンバーは16名。

軽トラに3頭の羊さんたちを抱きかかえて乗せます。


羊さんが「お別れ寂しいよー!」

皆で拍手と手を振ってお別れしました。「羊さんたち、ありがとう。元気でね。又来てね。」

今日の作業に参加頂いたメンバーの皆さま(計18名)、蒸し暑さ300%(時間が経つにつれ%が上がってきました)の中での作業、ご苦労様でした。そしてありがとうございました。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.