白鳥川の景観を良くする会のHPです
Header

2018年8月10日の景観隊活動報告(羊返却&牧舎/牧柵撤収)‐オプション活動

8月 10th, 2018 | Posted by nakano in 04 行事・特別なイベント | 17 羊班

 一時の猛暑(酷暑)は一段落した感じですが、とは言っても気温30℃超。曇り空にも拘わらず不快指数がかなり高く、鬱陶しい朝です。
 それでも、暑さ・鬱陶しさに負けず元気なおやじ連の仲間合計16名が集まり、羊返却&牧舎/牧柵撤収作業が行われました。
 
 朝8時前、医療センター前にメンバーの皆さんが集合し、吉田代表のご挨拶、Mo羊班隊長より7月20日羊さん達の来訪以来の状況を報告いただきました。(詳しくは後ほど記載予定の”Moさんの羊ダイアリー”を参照ください。

 この後全員集合写真を撮り、早速牧舎解体作業。並行して羊さん達3頭を軽トラに載せ、生まれ故郷の日野町の県畜産センターへ。

 解体した牧舎はは軽トラに積込み運搬し参画倉庫へ。そして牧柵設置場所の牧柵解体も行い、合わせて参画倉庫に収納。
 
 10時過ぎ無事羊さん達も生まれ故郷へ無事送り届け、そして牧舎・牧柵解体収納作業も終了。

 午前10時15分、今日の予定の作業を終え参画倉庫前で終礼を行い散会となりました。

 蒸し暑い中参加頂いたメンバーの皆様、ご協力ありがとうございました。
 

以下、本日の活動の様子です。
今朝の白鳥川。土田大橋の橋より下流方面。

今朝の牧舎全景。

3頭の羊さん達。

解体作業前に全員集合。羊3頭と共にメンバー14名と見送りに来ていただいた家族連れの皆さん。

朝礼。

吉田代表よりご挨拶。

Mo羊班隊長より7月20日羊さん達の来訪以来の状況を報告。

その間、羊さん達は見送りに来られた家族連れの皆さんと一緒。

そして、1頭ずつ抱き上げて軽トラの荷台へ。


最後の1頭は中々軽トラに乗りたがらず少し手こずりましたが、何とか抱きかかえて軽トラに。

無事3頭とも軽トラに乗りました。

後ろの衝立を設置し、生まれ故郷の日野町の県畜産センターに。

こちらは牧舎解体作業の様子。


屋根部は一体ものなので折りたたんで、

又、竹で組んだ牧柵は解体。

屋根部を軽トラまで運搬。

解体、整理作業続行。

羊さん達の置き土産、食べかすなど掃除。

ゴミ袋に収納し、ゴミ集積場へ。

牧舎跡は綺麗になりました。(雑草はすべて羊さん達に食べられ地面がむき出し)

牧舎解体部品、屋根部を軽トラに乗せました。

屋根部の上で休憩。冷たい御茶が喉に気持ちいい!!

牧舎解体の後、牧草地の牧柵も解体。


解体した牧柵は軽トラに積込み参画倉庫へ。

牧柵一枚づつ参画倉庫内に運び入れます。


三角倉庫の一番奥に収納された牧柵。来年までオヤスミナサイ!

そして、昨日まで雑草を食んでくれた牧草地跡。大分綺麗になりましたが、まだ雑草が残っていました。

7月20日羊さん達が来訪以来、沢山のご家族連れ、お子さんたちが見学に訪れていただきました。
沢山の皆さんに、癒しと優しさを感じていただいたことと思います。

この間、Mo羊班班長さんをはじめ沢山のメンバーの皆さまにより朝晩の送り迎え活動、そして2回の牧柵移動作業にご協力頂きました。

皆さま方のご協力、本当にありがとうございました。謝!謝!


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.