白鳥川の景観を良くする会のHPです
Header

Author Archives: ozawak

5月15日桜並木づくり班活動

5月 15th, 2013 | Posted by ozawak in 13 花・桜並木づくり事業部 - (5月15日桜並木づくり班活動 はコメントを受け付けていません。)

5月15日の桜並木班の活動です。

前回に引き続き銘板のチェックと付け替え作業です。

今回の場所は「土田大橋」~「小舟木橋」の管理No400番台、500番台、600番台の桜でした。

前回のようにきつく締められたものは少なく 作業は休憩前までに終わりました。

[銘板取り換え作業風景]

[銘板取付状況]

 

5月1日桜並木班活動

5月 1st, 2013 | Posted by ozawak in 13 花・桜並木づくり事業部 - (5月1日桜並木班活動 はコメントを受け付けていません。)

5月1日桜並木班活動

月1日景観隊活動日の桜並木班の活動です。

銘板取付用番線で桜の幹が締め付けられ 苦しそうな木があるので取付直しました。

JR鉄橋から土田大橋までの区間で実施。取付はたっぷり余裕をとって行いました。

[取り換え前の状態]

[取り換え作業風景]

[取り換え後の状態]

作業は2班に分かれ計4名て行い 休憩前に終わりました。休憩後は一般の作業を実施。

 

2013年4月3日 てんぐ巣病発生

4月 4th, 2013 | Posted by ozawak in 13 花・桜並木づくり事業部 - (2013年4月3日 てんぐ巣病発生 はコメントを受け付けていません。)

2013年4月3日 桜並木班活動

4月3日の景観隊活動日に湖岸に近い桜の木のチェックをしました。その結果てんぐ巣病にかかっている木を発見。

管理No.933,1303, 1311 の3本の木で発見。933、1311の木の枝を切り落とすことができましたが1303の木は脚立が必要で次回の活動日に処理することにしました。そのほかの木にもてんぐ巣病が疑われるものも多くあり 様子を見ながら処理をしていきたいと思います。

[てんぐ巣病発生状況(管理No.1303)]

[切り落としたてんぐ巣病の枝]

3月6日 桜並木班活動

3月 6th, 2013 | Posted by ozawak in 13 花・桜並木づくり事業部 - (3月6日 桜並木班活動 はコメントを受け付けていません。)

3月6日 桜並木班活動

前回の活動に続き桜並木班では枯れた桜の補植を行いました。

今回は管理600番台、700番台、800番台の3か所に 計8本を植えました。

品種は秋口にも咲く「10月桜」と  最も花が美しい八重桜といわれる「松月」です。

【十月桜】10月終わり頃から咲き始め、翌春にも咲く珍しい桜

【松月】

1.穴掘り作業:今回はユンボが入れなかった4か所の穴掘り作業もありました。

2.植え込み作業:掘った穴にバークたい肥と土を混ぜ込み、生ごみリサイクルプロジェクトから頂いた肥料もつかい 支柱も立てて植え付け完了。

3.水汲み:植えた桜には川から水汲み行い たっぷりの水を。

4.休憩:小舟木橋1つ上の植え付け場所で途中休憩をとる。

5.集合写真:休憩後 今回の桜並木班の集合写真を撮影(撮影:小澤)

作業は 11時ごろに終わりました。

2月20日活動 花・桜並木づくり班活動

2月 20th, 2013 | Posted by ozawak in 13 花・桜並木づくり事業部 - (2月20日活動 花・桜並木づくり班活動 はコメントを受け付けていません。)

2月20日活動 花・桜並木づくり班活動

景観隊定例活動の中での桜並木班の活動です。

この日は 昨年植樹した桜が枯れてしまったものの補植を行いました。

今年は計20本予定していてこの日は藤間川沿いに10本を植えました。

品種は 普賢象桜 5本、関山桜 5本です。

【普賢象桜】  葉化した2本の雌しべが普賢菩薩の乗る象の鼻に似ることからこの名がつけられた。  

【関山桜】  花は濃紅紫色で八重桜の代表的品種。桜湯として用いられる。

 

1.ユンボによる穴あけ作業: 今日の作業に先立2/19にN建設のご厚意でユンボによる

  植樹位置の穴あけ作業が実施されました。(鯉のぼりの支柱用の穴堀と合わせて)

      [穴掘りに先立ち植樹位置の案内]

         [ユンボの作業風景]

    (この写真は鯉のぼりの支柱用の穴堀作業風景)

2.植樹: 1か所は穴掘り作業から始めました。穴あけ後 穴の底に土とバークたい肥を

混ぜ合わせ さらに 市民生ごみリサイクルPJ作成の肥料も混ぜ合わせて

その上に苗木をセットして土で覆いました。

3.支柱立てと水やり: 苗木を埋め込んだ後支柱を添え たっぷりの水をやりました。

   支柱のセット

   水汲み風景

4.完了: 植樹完了の状態

5.旧桜の補修: 途中過去に植えた桜が倒れているものが数本見つかりその補修も

  行いました。

6.途中休憩: 10時過ぎに休憩をとりました。

11時ごろに作業完了。全体グループに戻りました。

1月30日桜並木班活動

1月 30th, 2013 | Posted by ozawak in 13 花・桜並木づくり事業部 - (1月30日桜並木班活動 はコメントを受け付けていません。)

1月30日桜並木班活動

景観隊1月30日活動日の桜並木班の活動です。

前回に引き続きてんぐ巣病の除去とその周辺の桜の剪定を実施しました。

場所は土田大橋から下流に入ったところです。

過去にきれいに削除したものが再度発生しています。

これからも十分注意しながら観察を続けたいと思います。

1.てんぐ巣病の状態

2.てんぐ巣病除去後の状態:

3.てんぐ巣病の切除: 枝の付け根から切除しました。

4.桜の剪定風景

5.剪定作業風景

6.切除した枝の処理風景:

7.切り口の処理: 切り口にゆ合促進剤トップジンペーストMをぬっておく。

 

作業は10:30頃に終了しました。

 

平成25年1月16日 桜並木班活動

1月 16th, 2013 | Posted by ozawak in 13 花・桜並木づくり事業部 - (平成25年1月16日 桜並木班活動 はコメントを受け付けていません。)

平成25年1月16日 桜並木班活動

今年初めての景観隊の活動日でした。

桜並木班は管理No.525、533の桜にてんぐ巣病が発生しているのが見つかり、その処理とその周辺の桜の剪定を実施しました。てんぐ巣病は以前処理をしてからしばらく発生していませんでしたが再発したようです。広がる前に処理をしようとこの日に枝を切り落としました。さらにその周辺10本ほどの桜の交叉枝、たち枝、並行枝などの剪定を行いました。選定したい桜はまだまだありますが今後時期を見て実施していきたいと思います。

1.処理前のてんぐ巣病

2.てんぐ巣病処置後

3.切り落としたてんぐ巣病枝

4.剪定作業風景

5.剪定後の切り口の処理: トップジンペーストMを塗っておきました。

6.切り取った枝の処理: この作業が大変です。

7.剪定後の枝: 切り取った枝です。焼却処理を依頼

 

 

11月21日 桜並木班活動

11月 21st, 2012 | Posted by ozawak in 13 花・桜並木づくり事業部 - (11月21日 桜並木班活動 はコメントを受け付けていません。)

11月21日桜並木班活動

11月21日 景観隊活動日でした。桜並木班では 桜の枝折れ処理と倒れた桜の修正を行いました。倒れた桜は 管理No.18、114 でいつ倒れたかは不明ですが先の台風のときかと思われます。枝折れは 管理No.314、316 です。これもいつ折れたかは不明です。台風後のチェックでは折れていませんでした。倒れた桜は引き起こして杭で固定。この際根が切れた可能性があり元気に回復するか心配です。折れた枝は枝の根元からカット、切り口に防腐剤塗布して作業終了。

この日から桜の木の剪定を始めようと計画していましたが 葉がまだ多く残っていて剪定は次回からに延期しました。

1.倒れた桜の処理風景

2.修正後の桜

3.折れ枝の処理

桜並木班作業終了後 本体に合流しました。

桜の開花

11月 11th, 2012 | Posted by ozawak in 13 花・桜並木づくり事業部 - (桜の開花 はコメントを受け付けていません。)

桜が開花しました

今年3月に植えた桜が開花しました。桜は「10月桜」という品種で10月初旬に咲き さらに来春にも咲く二度咲きの品種です。11月に咲いたので少し遅れたようですがこれからを楽しみにしたいと思います。場所は管理No537で医療センターの近くです。(写真はYさんからの提供)

2012年10月3日 花・桜並木づくり班活動

10月 3rd, 2012 | Posted by ozawak in 13 花・桜並木づくり事業部 - (2012年10月3日 花・桜並木づくり班活動 はコメントを受け付けていません。)

2012年10月3日 花・桜並木づくり班活動

本日の活動日、桜並木班は台風17号の影響で倒れた桜の処理を行いました。

倒れた桜を見ると表面を浅く根が張っているだけでよわよわしいものでした。

土壌の悪さが効いているのでしょうか?

元に戻しても成長を期待できないと考え処分することにしました。

倒れた桜は管理No.342、344、347、405、708の5本でした。作業は倒れた桜の根を切り離し枝を細かく切って廃棄処分にしました。

そのほか風の影響で傾いた木も数本ありそれらも支柱に固定しました。

1.倒れた桜の状態

2.作業風景:

3.休憩: 力仕事の後の休憩で栄養も補給

4.処分した枝:

5.傾いた桜の補強:

作業は11時過ぎに終わり全体活動に合流