白鳥川の景観を良くする会のHPです
Header

2013年10月5日、桐原東小、体験学習支援事前準備作業

10月 5th, 2013 | Posted by nakano in 04 行事・特別なイベント | 14 生き物発見・学習支援事業部 - (2013年10月5日、桐原東小、体験学習支援事前準備作業 はコメントを受け付けていません。)

2013年10月5日、桐原東小、体験学習支援事前準備作業

 朝方小雨のぱらつく空模様でしたが、小雨決行の掛け声のもと、生き物発見・子ども学習班のメンバーをメインにして合計13名の有志の皆さんが参集されました。

 午前9時、土田大橋から一つ下流の橋のたもとに集まり、まず吉田代表より今日の作業予定について皆さんに説明。

 さらに詳細説明は学習班班長のSuさんから、事前に準備いただいた模造紙上のイラストを使ってわかり易く説明。

 各自分担して作業開始。  途中、小休止を2回ばかり取りながら、順調に作業をこなし、午前11時45分、所定の作業予定をすべて完了。

 立派な学習場所が準備されました。  後は17日の本番待ちです。

 それでは今日の作業の様子をご覧ください。

 

作業開始前の学習場所の様子。

2013_10_05 01beore01 2013_10_05 01beore02

吉田代表、そして生き物発見・子ども学習班Su氏より今日の作業内容の説明。

2013_10_05 02chorei01

事前に準備された模造紙上のイラストで詳しく説明。

2013_10_05 02chorei02

 

2013_10_05 02chorei03

高水敷(水辺に近い場所)にはこんな草木が自生しているそうです。

2013_10_05 02chorei04

草刈り作業の様子(通常の景観隊活動と同じ作業です) 但し、水辺近く(水辺は約1mの幅を残して)まで全面刈り。

2013_10_05 03kusakari01 2013_10_05 03kusakari02 2013_10_05 03kusakari03 2013_10_05 03kusakari04

斜面に残った草の山を最下段までおろします。

2013_10_05 04clean00

遊歩道に飛び散った草屑はクマデではき寄せます。(今日はブロアーなし)

2013_10_05 04clean01 2013_10_05 04clean02

2番目のステップを作ります。まずは下草を刈って・・・

2013_10_05 05 2ndStep01

桜の倒木枝を軽トラックに積んで運び込み、土手におろして、

2013_10_05 05 2ndStep02

適当な幅に切り落とします。幹が太いので切り落とすのは大変な作業でした。(チェーンソーが要りますね)

2013_10_05 05 2ndStep03

ステップになるところを掘り出して、切り出した桜枝を埋め込んでいきます。

2013_10_05 05 2ndStep04

こんな立派な階段ができました。

2013_10_05 05 2ndStep05

こちらは土嚢づくり。砂利道のじゃりをかき寄せ、土嚢の中に。 また川中の砂利も利用して土嚢つくりも行いました。

2013_10_05 07dono01 2013_10_05 07dono02

軽トラに載せて運んで、

2013_10_05 07dono03

ひとつずつ抱えて水辺まで。

2013_10_05 07dono04 2013_10_05 07dono05

水際にステップを準備して、小学生のみなさんが川中に入りやすいように・・・

2013_10_05 07dono06 2013_10_05 07dono07 2013_10_05 07dono08

昨年作った土嚢積みの階段も整備して使えるようにしました。最下段は追加の土嚢で補強。

2013_10_05 07dono09

約1時間ごとに小休止。作業しているとしっかり汗をかきます。冷たいお茶と栄養補給が重要です。

2013_10_05 08 rest01 2013_10_05 08 rest02

ごみ拾いもしっかりと・・・

2013_10_05 09gomipick01

出来上がった学習広場です。

2013_10_05 10after01 2013_10_05 10after02

桜の倒木枝を使った階段もこんなに立派にできました。

2013_10_05 10after03

水辺近くの道もきれいに整備。

2013_10_05 10after04 2013_10_05 10after05

最後に全員集合(写真には11名+撮影者、そして途中で帰られたUeさん)計13名での活動でした。

皆様、お疲れ様でした。

2013_10_05 20 menbers01

生き物発見・学習支援班 桐原東小学校学習現地の下見-2

9月 23rd, 2013 | Posted by nakano in 14 生き物発見・学習支援事業部 - (生き物発見・学習支援班 桐原東小学校学習現地の下見-2 はコメントを受け付けていません。)

生き物発見・学習支援班 桐原東小学校学習現地の下見-2

 昨日(9月22日)の白鳥川下見時にいた魚類はヨシノボリとスジエビがほとんどで、その他ヌマエビ・ヒラタドロムシ・シジミ・カワニナ・アメリカザリガニ・でした。
 平瀬や流れの速い所に生息するヨシノボリが多くいたのは、台風の激流にも影響されない腹鰭が変化した吸盤により石に吸着していたのではないでしょうか?
 ヨシノボリではカワヨシノボリ トウヨシノボリなどがいました。
 ヨシノボリとスジエビで約100匹ほど獲れました。
 今回は調査を目的にモンドリで魚を獲ろうとしましたが獲れませんでした。また川辺から水中を見ても魚の姿が見えませんでした。 次回に期待したいと思います。

下見に参加されたみなさんと活動の様子

2013_09_22siratori_sitamiR

今回の調査で見つけた魚たち

2013_09_22 01 2013_09_22 02 2013_09_22 03 2013_09_22 04 2013_09_22 05

生き物発見班のメンバー、Moさんよりの情報です。

白鳥川のJR鉄橋より上流での発見。

2013_09_23 WhiteHigan

生き物発見・学習支援班 桐原東小学校学習現地の下見

9月 8th, 2013 | Posted by nakano in 14 生き物発見・学習支援事業部 - (生き物発見・学習支援班 桐原東小学校学習現地の下見 はコメントを受け付けていません。)

生き物発見・学習支援班 桐原東小学校学習 現地の下見

本日(9月7日午前)、桐原東小学校学習現地の下見を行いました。

途中で雨が降ってきましたので、植物に関しての学習のみの打ち合わせになり、川の中に入ることが出来ませんでしたので、9月21日(土)又は9月22日(日)に10時から再度下見を行います。

今日の覚書を下記添付します。(下記)

図の中でコの字型に刈り取る場所があります。
補足しますと白鳥川(ヨシの自生している所)に平行に10m~20mの長さで、人が二人通れる幅で刈り取り法面の長さは低い上段~下段の中央部まで、どの様な植物が自生しているのかを確認してもらいました。上段と下段とでは植物が違うそうです。

次回下見の時に野田先生に植物の名称や特徴を教えて頂く、それを班員が学習時に児童に教える予定。(尚、野田さんは当日の学習時は参加できない為)

学習案としまして、昨年は3班に別れて学習がありましたので、今年も3班中、1班は川の生き物採集、2班は透明度及び水質調査他、3班は植物調査と回転させて学習していただく案を予定。

生き物発見・学習支援班 班長会議  議事録

9月 5th, 2013 | Posted by nakano in 14 生き物発見・学習支援事業部 - (生き物発見・学習支援班 班長会議  議事録 はコメントを受け付けていません。)

8月31日、生き物発見・学習支援班 班長会議

8月31日に開催されました生き物発見・学習支援班 班長会議の結果をお知らせします。

班長Suさんが纏められた議事録です。

今後、生き物発見・学習支援班からの要請があれば、メンバー各位の積極的なサポートをお願いします。

2013年7月25日 生き物発見・学習支援班の会議録

8月 1st, 2013 | Posted by nakano in 14 生き物発見・学習支援事業部 - (2013年7月25日 生き物発見・学習支援班の会議録 はコメントを受け付けていません。)

2013年7月25日 生き物発見・学習支援班の会議録

午後3時~5時、ひまわり館ボランティアルームで第1回生き物発見・学習支援班の会議が行われました。

その時の様子と主な会議内容を掲載します。

会議参加者:生き物発見・学習支援班メンバー7名(班長Su氏)、西の湖市民自然観察会よりNi女史、そして吉田代表

会議録(要旨)

2013_07_25 mtg_minutes

会議の様子。

2013_07_25 mtg01 2013_07_25 mtg02 2013_07_25 mtg03

2013年7月17日 『白鳥川新聞』第8号が発行されました。

7月 17th, 2013 | Posted by nakano in 14 生き物発見・学習支援事業部 - (2013年7月17日 『白鳥川新聞』第8号が発行されました。 はコメントを受け付けていません。)

2013年7月17日  『白鳥川新聞』第8号

生き物発見・子ども学習班の班長、Su氏編集の「白鳥川新聞」第8号が発行されました。

今日の景観隊活動の中で皆様に配布されましたが、当HPにも掲載します。

newspaper#8
 
下記ヘッダー画像をクリックするとPDFファイルがご覧いただけます。

『白鳥川新聞』8号(PDFファイル)

PDFファイルをご覧頂くにはAdobe社のAdobeReaderが必要です。
パソコンにインストールされていない場合は下記バナーよりダウンロードしてください。

白鳥川のオ​オキンケイギクについ​て

7月 17th, 2013 | Posted by nakano in 14 生き物発見・学習支援事業部 - (白鳥川のオ​オキンケイギクについ​て はコメントを受け付けていません。)

7月17日、景観隊活動で生き物発見・学習支援班 班長 Su氏よりオオキンケイギクについて説明がありました。

2013_07_17 04ookinkeigiku_1 2013_07_17 04ookinkeigiku_2

Su氏による白鳥川沿いのオオキンケイギクの発生状況調査結果です。

皆さんがもしこの花を発見されたら、生き物発見・学習支援班 班長 Su氏までご連絡ください。

八普から湖岸までよし笛ロードの両サイド確認しました。 オオキンケイギクの発生していた場所は土田大橋下流20メートル~40メートルよし笛ロード両サイドのマメザクラ番号0401左、小舟木橋下流30メートル川岸側ソメイヨシノ番号0730の左側(消防署向かい)。

ookin_11

ookin_00

ookin_01 ookin_02 ookin_03

 

土田大橋下及び小船木橋下流のオオキンケイギク引き抜いて枯死させたものを7月8日にゴミ袋二重にして入れゴミに出しました。一応周辺に株が残っていないか確認しましたが雑草が多く隠れている可能性はあります。花を見つけ次第に処理すれば絶滅は可能かと思います。

ookin_12 ookin_13

乾燥して、オオキンケイギクが枯れ死したら、ゴミ袋に入れて廃棄ゴミにしてください。

IMG_0124

 

蛍が飛び始めました。

6月 23rd, 2013 | Posted by nakano in 14 生き物発見・学習支援事業部 - (蛍が飛び始めました。 はコメントを受け付けていません。)

蛍が飛び始めました。

生き物発見班班長、Suさんからの情報です。

生き物発見.子供学習支援班の情報として、白鳥川のホタル発見の情報をホームページで発信して、子供さん(保護者同伴)から大人までホタルのいる白鳥川を楽しんで頂ければと思います。

なるべく皆さんがホタルを観賞されに行かれる時、ホタルがいなかったり、またどこにいるのか分からないと言ったことがないよう日々の(極力)情報を流していきたいと思っています。

 数日前からホタルの状況を見に行っていました。

6月1日、今年初めてのホタル発生と思われますが・・・  

6月1日午後8時40分~9時20分の間での発生状況です。 (たまたま遅くから見に行っただけで例年は8時ごろから発生していました)

場所は景観隊集合場所地図の橋の位置としました。(基本的には橋の上から見ています)

③番目1匹下流 ⑥番目3匹下流 ⑦七番目2匹下流 ⑩番目1匹上流左岸 合計7匹ですが ホタルは移動しながら点滅しますので十分楽しめる数かと思います。 (橋の番号については“集合場所”の地図を参照ください)

岡山白鳥橋上流左岸100m水路に20匹~30匹乱舞していました。  

 

6月2日午後8時18分に岡山白鳥橋の左岸上流の水路に最初にホタルの確認及び撮影に行きました。

 最初は10匹~15匹程で昨日より少ない数でした。

時間の経過につれ9時前では昨日同様の20匹~30匹はいました。

他の白鳥川各橋には今日はホタルの姿が見られませんでした。

今日は少し風があり気温も少し低いのが影響しているのかも知れませんが。

ホタルの観賞時間は7時半から9時ごろまでだそうです。

6月3日白鳥川ホタル発見情報  

○内の番号は景観集合場所地図上橋の番号です参照願います。

⑦    1匹 発見時間 PM 20:55 

⑤上流 6匹       PM 21:35

⑩左岸 上流 100m 水路    水路について調べました。

白鳥川より浜街道までの道全長約250m川幅1.5m 浜街道から50mの間は車のライトや騒音などでホタルはみかけられませんでした。

白鳥川200mの間で80匹前後がいました。

皆さんに私からお願いですが、ホタルを網等で獲らず観賞を楽しんで頂きたいと思います。

6月4日の白鳥川のホタル発生状況をお知らせします。  

  気温24℃ 湿度60%  

⑩左岸100m上流水門のある水路いつも通りかなりのホタルがいました。

 左岸=(上流より見て左岸)  

 PM20:10~20:25 8時頃から9時頃にかけて発生数が増えているようです。

⑨PM20:30上流1匹下流8匹 

⑤橋から見て上流5匹下流2匹 PM20:00 桐原東小学校体験学習を行った所です(上流)

学習時にゲンジボタルの幼虫のえさになるカワニナが5匹見つかっています。

 

6月9日、ホタル発生状況  気温 23℃ 湿度 72%  無風状態

今年最高と思われるホタルの数が発見出来ました。

無風状態の為、風に流されずに飛びやすい状態で、各橋の間にいるホタルが高く広範囲に飛んで移動したのが、多数のホタル発見に結び付いたものと思います。  

⑥ 上流3匹  下流3匹  PM 20:20   ⑨ 上流3匹  下流3匹  PM 20:45

⑨~⑩ の間に約10匹 21:00

その他、各橋~橋の間にホタルが飛んでいました。

岡山白鳥橋左岸上流水路付近は、いつも通り多数ホタルが飛んでいました。時間帯は21時頃がピークと思います。

6月13日、ホタル発生状況

ホタルの発生状況に大きく変化がありましたので報告します。    

13日(木) 発見時間PM 21:00~21:30    (全体)

③上流5匹 下流2匹      

④下流1匹                                               

⑤上流1匹  下流5~6匹      

⑥上流2匹  下流1匹

岡山 白鳥橋(新橋)左岸100m上流水路に6月1日から12日までは毎日コンスタントに、80匹程のホタルが飛び交っていましたが、13日21時以後、水路全体で5匹程のみが草むらに止まり光を出していました。

その他 最近ホタル観賞を家族で楽しまれている方が多く見受けられ、すごく感動されています。

大変微笑ましい光景です。

6月22日、ホタル発生状況(最終報告)

PM20:45~21:15のホタル発生は、岡山白鳥橋左岸上流に1匹だけが草むらに止まり、光を出していました。

白鳥川では⑤医療センター橋の下で瞬間的に1匹見えました。

6月1日から丸三週間、(通常ホタルは成虫になってから生きられる期間は2週間だそうです) 多くの方がホタルを楽しまれたことでしょう。

この期間で、特に印象に残った事は、ボンボリの点灯式が行われた所の新しい住宅に引越しされて来たと 思われる25才位の男性が、この川にホタルがいるのですね。と感激ぎみに言われていた事が印象的に残っています。 良い所に引越してきたと思われたのでしょうね。

ホタル情報は今年は最終とします。ありがとうございました。

来年はより多くのホタルがいますよう・・・。

 

2013年6月20日、日野川堤防草刈り 其の後

6月 20th, 2013 | Posted by nakano in 00 景観隊全般 | 04 行事・特別なイベント | 14 生き物発見・学習支援事業部 - (2013年6月20日、日野川堤防草刈り 其の後 はコメントを受け付けていません。)

2013年6月20日、日野川堤防草刈り 其の後

6月8日、景観隊有志の皆様によって草刈り活動を行いましたが、その後の堤防斜面の様子です。

我々が草刈りを終えた後、その場に残した草々は地元の町内の皆様により全て綺麗に片づけられ下記のようにすっきりした状態になっていました。(6月20日朝10時の様子)

さて、当日堤防斜面一面に咲いていた黄色の花々ですが、編者の無知からマリーゴールドの花と記述してしまいました。

過日、当HPをご覧いただいた滋賀県 琵琶湖環境部 自然環境保全課 野生生物担当 Ho氏よりメールを頂き、これらの黄色の花々は”オオキンケイギク”の群落ではないかとのご指摘を受けました。

早速、花の様子を確かめるべく、堤防に出向いたのですが上記のようにすっきりしており黄色い花は殆ど見えません。かろうじて堤防端に一輪残っていた花を確認しましたが、葉っぱの様子から多分”オオキンケイギク”ではないだろうかと判断しました。

6月8日の草刈りのときに移した写真からもそのように判断できそうです。

滋賀県 琵琶湖環境部 自然環境保全課 野生生物担当 Ho氏から送って頂いた情報で、この草花は“特定外来生物”で栽培、売買禁止の草花の様です。

下記、”オオキンケイギク”の特徴を記述した情報を見つけましたので掲載しておきます。

 

オオキンケイギクについて

オオキンケイギクは北米原産の多年草で、5月~7月にかけて黄色のコスモスに似た花を咲かせます。強靱でよく生育することから、かつては工事の際の法面緑化に使用されたり、苗が販売されたりしていました。

 しかし、あまりに強く、いったん定着してしまうと在来の野草の生育場所を奪い、周囲の環境を一変させてしまうため、平成18年に外来生物法に基づく特定外来生物に指定され、生きたままの運搬や栽培、譲渡などが原則として禁止されました。

 

和名オオキンケイギク

学名 :Coreopsis lanceolata

科名 :キク科

原産地:北アメリカ

特徴 :キク科の多年生草本で、高さは30㎝~70㎝程度になる。  開花期は5~7月、とても強靱で繁殖力が強く、かつて観賞用・緑化用として国内に導入され、道路の法面緑化等に使用されていたほか、ポット苗で園芸植物としても流通していた。

花の特徴

-花はコスモスに似た形状で直径5㎝~7㎝程の頭状花(茎の先端に1つの花を付ける)

-花びら(舌状花)の色は黄橙色で、花の中央部(管状花)も同じ色をしている。

-花びらの先端には不規則に4~5つのぎざぎざがある。

-コスモスとは開花時期が異なっている。(コスモスは秋)

 

☆色が異なる、又は八重咲きの花 オオキンケイギクには、花びらの付け根が赤茶色をしたものや八重咲きになっている種類もあります。そのような種類であっても、花びらの他の部分の色や、花の中央部分(管状花)の色、花びらの先のぎざぎざ、葉の形などの他の特徴は変わりません。 (花の中央部分の色が黄橙色ではないものは、オオキンケイギクではない可能性が高いです。)

 

☆葉の特徴

-細長いへら状をしており、一番幅がある部分の幅は1㎝程度。

-葉の両面には荒い毛が生えており、葉の周囲はなめらか(鋸歯がない)。

-花が似ている植物の多くは、葉が針のように細かったり、複雑な切れ込みをしていたりするため、見分けが付きやすい。

因みに、マリーゴールドはこんな花。

以上、日野川堤防草刈り 其の後の情報でした。 (Na記)

 

 

2012年10月30日、桐原東小学校で『環境学習』報告会

10月 31st, 2012 | Posted by nakano in 04 行事・特別なイベント | 14 生き物発見・学習支援事業部 - (2012年10月30日、桐原東小学校で『環境学習』報告会 はコメントを受け付けていません。)

2012年10月30日、桐原東小学校で『環境学習』報告会

10月30日午後、桐原東小学校で5年生の皆さんによる『環境学習』報告会が開催され、景観隊から吉田代表以下5名の皆さんが招待を受け、皆さんの発表を聞きました。

下記、この発表会に参加されたU氏からのご報告です。

10月19日に行われました白鳥川の環境学習で捕まえた生物を、後日皆で調べた結果の報告会が10月30日桐原東小学校で5年生94名が参加して行われました。

 先生が白鳥川の水質について捕まえた生物の分析から、きれいな方から2番目との説明のあと、各クラス代表3名が調査結果の報告をしてくれました。

みんな、自分達が生物を捕まえたり、水質を調査したことから、力の入った説明をそれぞれの視点から捉えた説明で感心いたしました。又、白鳥川にゴミを捨てないようにするなど当会の活動を理解する意見も多く喜んでおります。

 中でも、透明度調査で1メートルもあったことに多くの子供たちが驚いていたこと、生物のいるところ、捕まえる方法を知ったことなど、自然との関わりに目を向けてくれたのが一番良かったと思います。

 捕まえた生物、スジエビ(47匹)、ヤマトしじみ(35)、ヨシノボリ(?)、イシマキ貝(10)、川ニナ(7)、ヒラタドロムシ(5)、コオニヤンマ(3)他に汚れた水に生息するタニシ(3)、大変汚れた水に生息するザリガニ(1)などでした。

 最後に、夜桜用ぼんぼりの図柄の作成・標語のお願いをして報告会を終了しました。』

以下その時の様子です。

出席した景観隊メンバーのご紹介。

ぼんぼりの画像制作のお願い。

最後に吉田代表から生徒の皆さんにメッセージ

白鳥川がいつも、いつでも、きれいになるように・・・

そして、どんなぼんぼりの絵画が出来てくるか・・・楽しみに待ちましょう!

2012年10月19日、桐原東小5年生90名が白鳥川で環境学習

10月 19th, 2012 | Posted by nakano in 04 行事・特別なイベント | 14 生き物発見・学習支援事業部 - (2012年10月19日、桐原東小5年生90名が白鳥川で環境学習 はコメントを受け付けていません。)

2012年10月19日、桐原東小5年生90名が白鳥川で環境学習

秋晴れの好天気に恵まれ、桐原東小5年生90名の皆さんが白鳥川の水辺に入り、白鳥川の川中に住む生き物、そして白鳥川の水質の勉強など、環境学習が行われました。この環境学習は今年で3回目です。

その時の様子をご覧ください。

まずは景観隊の有志によって下準備(上、下流にロープを張り、学習エリアを区画)

吉田代表より、サポーター各位の役割配置の説明(サポーターは東近江土木事務所から参加された県職員の方を含め9名の皆さん)

生徒の皆さんとご挨拶

環境学習開始

陸上では白鳥川の水の水質検査。pH値などを確認。

透明度も一人ひとり確認。今日の白鳥川の水の透明度は1m以上ありました。

捕獲した魚類の確認。

ザリガニ?

今日捕獲された魚の中で一番大きい魚(名前は?→学校に帰ってから調べます)

12時前無事環境学習は終了。みんなで最後のご挨拶をした後、捕獲した生き物(魚、貝、ザリガニなど)は皆学校に持ち帰り、午後の授業で種類、名前、数などを調べてレポートにまとめるとのことです。

これらの調査の結果の報告会は10月30日に予定されています。

別途、案内が出されると思いますので、関係者の皆様是非この報告会にご参加ください。

2012年10月15日、桐原東小学校で環境学習

10月 16th, 2012 | Posted by nakano in 04 行事・特別なイベント | 14 生き物発見・学習支援事業部 - (2012年10月15日、桐原東小学校で環境学習 はコメントを受け付けていません。)

2012年10月15日、桐原東小学校で環境学習

10月18日の白鳥川での環境学習の前準備として、10月15日、吉田代表、生き物発見班のSu氏が桐原東小学校に出向き、5年生の皆さんに環境学習の勉強会をされました。

その様子の報告がSu氏よりありましたので、下記掲載します。

白鳥川の現在の状況、川に入る班別(A班,B班)川に入る順やエリヤなどを写真を使い、テレビ(大画面)にて詳細に吉田代表が説明された後、白鳥川景観隊の活動実績や活動状況を説明されました。

よし笛サイクリングロードがサイクリング推薦全国第3位と説明された時は生徒の皆さん全員驚かれていました。

その後に水質検査の方法を現物を使い検査方法を説明されました。 先生から川に入る服装や注意事項を丁寧に説明されていました。

環境学習の目的意識や質疑応答があり、質疑応答では白鳥川で捕れるの魚の種類や、深さはどれ位あるのかなどの質問がありました。

 又、鯉のぼりとボンボリの話しをされ<いずれも半数近くの児童が見たといっていました。 またアピールもされていました。

吉田代表のコメント:

『桐原東小学校5年生(90人)への口頭アンケート結果    

 ①白鳥川の桜ボンボリを見た人…約40%(手を上げた人の比率)     

 ②鯉のぼりを見た人……………..…約60%(手を上げた人の比率)         

 ⇒思ったより多くの生徒が見られており、みんな嬉しそうな顔をして反応も良かった感じでした。       

 ボンボリ、鯉のぼりとも今後が楽しみですね!  』

 尚 18日雨天の為、19日に延期となりました。

2012年10月10日、桐原東小学校で事前打ち合せ

10月 10th, 2012 | Posted by nakano in 04 行事・特別なイベント | 14 生き物発見・学習支援事業部 - (2012年10月10日、桐原東小学校で事前打ち合せ はコメントを受け付けていません。)

2012年10月10日、桐原東小学校で事前打ち合わせ

 10月18日、桐原東小学校の5年生の生徒さんが白鳥川での環境学習(生き物調査)を行われるのに先立って、10日午後4時半より、吉田代表及び生き物発見・子ども学習班の班長、Su氏が小学校に出向き、校長先生、担当の先生とお会いして、事前説明会が行われました。

 事前説明会の内容は環境学習現場の整備状況、川の中の整備計画、生息する魚のチラシ、水質検査セット、水槽、網、バケツなどの準備などについて説明。

 この後、10月15日午後、生徒さんへの事前説明 そして10月18日午前に実際の環境学習が白鳥川の整備現場(医療センター向かい)で行われる予定です。

 その後、この学習結果を纏めた報告会(生徒さんによる)が10月下旬に予定されています。  景観隊のメンバーも招待される予定です。

担当の先生へ事前説明

 

環境学習現場の整備状況説明図

合わせて、ぼんぼりのパネル作成についての依頼も行いました。

11月末には桐原東小学校のみなさんによる立派なパネル絵が一杯できていることと思います。

お願いした桜ぼんぼり・絵づくりの仕様は下記です。